【登山の服装】ハーフジップ長袖シャツにはメリットがたくさん♪長年着てみて分かったこと【マムート】

gonzo
gonzo

みなさんこんにちは♪

今回は登山の服装のススメです.

皆さんは登山をするときにどんな格好で登っていますか?

登山をしていると,半袖や長袖…みんな結構自由な服装をして登っているなーという感想です.

登山ブランドを着ていない人なんかもたくさんいますからね.(かく言う私もその一人ですが…)

服装は,自分の好みに応じて決めたらよいと思いますが,私は

長袖ハーフジップシャツ

を推します!

正直,結構不人気なんかなーと感じていますが,私的にはメリットがかなりある服装だと思います.

gonzo
gonzo

実際,長袖ハーフジップに行きついてから
同じ服装でしか登山に行っていませんからね

そもそもハーフジップシャツとは?

ハーフジップシャツって普段ではあまり聞かない服の種類ですよね.

サッカーの練習着や登山のベースレイヤーに採用されている服の一種で,

襟付きで(フルジップでない)ジップがついたシャツになります.

「長袖+ハーフジップ+襟」みたいなイメージ.

着用方法としては,中に登山用のインナーシャツを着て,その上にハーフジップシャツを着ます.

長袖ハーフジップシャツを推す理由

理由はこんな感じ↓

  • 体温調節が容易でレンジが広い
  • 枝や虫から肌を守れる
  • 日焼け対策
  • 腕に流れる汗を吸収してくれる

ハーフジップシャツにはメリットがたくさん!

それでは1つ1つ詳しく解説していきましょう♪

理由① 体温調節が容易でレンジが広い

ジッパーをおろしている様子

実は体温調整が容易でレンジが広いのがこの長袖ハーフジップシャツの特徴.

暑ければ腕をまくったり,ジッパーを下げたりして放熱量をUPできます.

逆に暑くなければ,長袖でフルジップの状態でいればよいわけですから,

非常に幅広いレンジに対応しているわけです.

写真はジッパーをおろしてみたときのものです.

ここを開けるだけでも結構体感が違うんですよね!

レイヤリングが基本な登山ですが,それにさらにアジャスターの機能を追加するイメージですね♪

理由② 枝や虫から肌を守れる

こういう幅が狭くて,枝や葉が飛び出ている登山道はけっこう危険です⚠

登山道には飛び出した枝や,虫などの危険がけっこうあります.

半袖の状態だと,枝で腕を切ったり,虫に指される危険がありますが,

長袖はそんなリスクの発生確率を下げることができます.

「長袖って暑いんじゃないの?」と思われがちですが,実際そこまで暑くを感じたことはないですので心配ないです.

gonzo
gonzo

私は暑がりですが,そこまで気にしたことはないです

実際の着用写真を見てみましょう!

手首までをカバーできるので,必要十分な対策だと思います.

購入するシャツによってはサムホール(=親指を通すための袖に開いた穴)が付いているものがあります.

サムホールが開いていれば,写真のように手の甲までカバーできるのでより効果は上がります.

私は違和感を感じるのであまり使用しませんが…

ちなみに長袖のアームホールも細身の作りになっています.

腕がダボダボで運動性が犠牲になることもなく快適です.

長袖を着用して,肌が枝や葉・虫に触れないってだけでも快適度はかなりUPしますよー!

理由③ 日焼け対策

長袖であれば腕の日焼けを防ぐことができます.

ちなみにこれが日焼けの画像です.

袖がある部分まではまったく日焼けしていませんが,手の甲は日焼けがひどい💦

gonzo
gonzo

この時は日焼け止めクリームを塗るの忘れていました…😂

ここまでであれば長袖着用で十分なのですが,なぜハーフジップを推すのかというと…

があるから!

これがただの長袖ではなく,ハーフジップを推す明確な違いです!

襟があると首の日焼けも防ぐことができます.

gonzo
gonzo

首の日焼け対策って忘れがちですよね

紫外線の照射量は,頬よりも首の方が多いので,実は一番日焼け対策をしなければいけない場所でもあります.

首の日焼けって特にヒリヒリして地味に痛い経験ありませんか?

首の日焼けを防ぐためにも,登山の時はハーフジップを着て首元を守るのがオススメです!

理由④ 腕に流れる汗を吸収してくれる

登山は想像以上に汗をかく運動です.

ファイントラックによれば,

体重60kgの登山者が6時間行動した場合の、汗の量は

脱水量 = 60(kg)× 6(h)× 5(ml)= 1800ml

ファイントラック

らしいです.

1800mLってほぼ2Lですから,大きいペットボトル一本分汗をかくことになります.

2Lもの汗をかいたなら,体中から汗が流れている様子が容易に想像できるでしょう.

腕に汗が伝うと,むずがゆく感じることはないでしょうか?

私はその感覚が好きではないので,長袖を愛用しています.

腕に汗が流れる感覚を防ぐことができます.

オススメのハーフジップシャツ

◆マムート  アジリティ ハーフジップ ロングスリーブ


実はこれ最近買いました☺

これを着て初めて前回登山に行ってきましたが,かなりよかったです✨

まずなんといっても「軽量(130g)」であること!

生地が薄いので,速乾性も抜群ですごくよかったです✌

もっと早くこっちを着ておけばよかった…!と思うアイテムでした!

デザイン的には非常にシンプルで,購入前までは「もう少し派手でもいいのになー」と思っていましたが,

着てみると落ち着いた雰囲気を持っていて大人っぽい!!

登山コーデの楽しみの幅が広がりました☺

◆ミレー クータイIIウールジップ ロングスリーブ 


ハーフジップシャツを購入する際に,上記マムートと最後まで迷ったモデルです.

店頭で生地を透かして比較してみましたが,ミレーの生地の方が薄いように感じました.

光がより通ったんですよね.これはすごいと思いました.

おまけにサムホールまで付いていて,コスパもいい感じでした. ◎

後は好みの問題なんですが,私は

  • マムートの方が袖まわりがスリムでよくフィットする
  • サムホールはほぼ使用しない

といった理由でマムートを選びました.

ミレーのこのウェアもまだ心に残っているので,もう一着買おうかと考えています(笑)

素材にウールも使用されているので,本当にコスパいいですよ✊

さいごに

鳥海山山頂からの眺望

いかがでしょうか?

長袖ハーフジップシャツはメリットがたくさんある服装だと思います.

肌の保護にはもってこいの服装で,対応調整も上手にできます.

今は半袖を着ている方も,長袖ハーフジップシャツを試してみてください!

きっとはまってしまうはずですよ♪

では☺

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA