【登山】使って分かったウォーターキャリーの凄さ!!エコだけじゃない!?【エバニュー】

gonzo
gonzo

みなさんこんにちは

今回は登山用の「ウォーターキャリー」について紹介します.

ウォーターキャリーとは名前のごとく「水筒」のことで,

大容量の水を持ち運ぶことができる登山用のアイテムを指します.

その特徴として,柔らかく素材でできており, 水が入っていない時はコンパクトに折りたためることが挙げられます.

名前の呼び方には様々あり,ウォーターキャリーの他には

  • ウォーターパック
  • ウォーターバック
  • ウォータータンク
  • ウォーターボトル

など様々あります.

gonzo
gonzo

広義では同じものを指します・・・多分w

この記事では,「ウォーターキャリー」と呼んでいきます.

さて,今回はそのウォーターキャリーを使用してみた感想を書いてみたいと思います.

私が購入したのはエバニュー!!

数あるウォーターキャリーの中で購入したのはエバニューから出ているものです.

gonzo
gonzo

ちなみに2Lと1.5Lを購入しています.
日帰りでも3L以上水を持っていくので.

これを選んだ理由としては,

  • キャップストラップが付いていて,キャップをなくす心配がない
  • 折り畳んだときにまとめるゴム紐が標準装備
  • 安心のメイドインジャパン
  • 何より安い

です.

プラティパスとも非常に悩みましたが,上記の理由でこちらを選択しました.

登山歴はまだ数年ですが,これまで登山で水を持っていくときはペットボトルを持って行っていました.

gonzo
gonzo

多分多くの人がペットボトルを使用しているのではないでしょうか??

ペットボトル自体は衛生的ですし,汎用性も抜群で非常に便利なことはみなさんもよくご存じかと思います.

gonzo
gonzo

私もそう思って使い続けていました.

しかし,

  • 登山にゴミが発生する
  • 登山中にチャポチャポ鳴る

が毎回気になっていて,ついにウォーターキャリーを購入することにしました.

結果としてはこれが大正解で,私の不満点をすべて解決してくれました.

ウォーターキャリーの良いところ◎

私が使用して感じたウォーターキャリーの良いと思ったところを挙げてみます.

  • 水を入れるだけなので,ペットボトルのゴミが出ない
  • 使用したら空気を抜くことができるので,チャポチャポ言わない
  • 使用後はコンパクトに折り畳めるので,ザック内をスカスカにできる
  • ザックの背中側のポケットにぴったりと収められるので,ザックを背負ったときに軽く感じる
  • 水を注ぐときにドバドバしない

まずはやっぱりゴミが出ないことが挙げられます.

ゴミが出ないっていうのは意外とそれだけで快適です✨

ラベルなどの分別もしなくて済みますし,毎回ドリンクや水を購入する手間も無く済みます.

gonzo
gonzo

エコですね!

本体価格が1,000円〜1,500円くらいのものが多いと思いますので,

単純計算10回以上登山で使用すれば,元が取れる計算です(※100円/本のペットボトルとして)

さらに,ペットボトルと違い,素材が柔らかいので空気を抜くのが非常に簡単!!

そのおかげで行動中もザックから「チャポチャポ」と,水が揺れている音がすることはないです.

これまではそれが嫌だったので,ペットボトルの中でも比較的柔らかい「いろはす」を使用することが多かったのですが,

このウォーターキャリーは,水が残っていても平に・薄くなるので非常にコンパクト!

完全に折りたためば,500mLペットボトルよりもコンパクトになります

ペットボトルでは中々厳しいことも簡単にできちゃいます👀

ここまでのメリットは,想定できた内容でしたが・・・このほかにも買ってよかったことも多かったです☺

まずはウォーターキャリーの形状を利用したザックへの収納場所です.

満タンに水を入れていても,普通のペットボトルよりは平たい形状になるので,

ザックの背中側に付いている,ハイドレーション用のポケットにピッタリ収まるんですよね!

これによって重量物を1番体に近いところに置くことができるので,

ザックがペットボトルを入れた時よりも軽く感じるんです🐥

ペットボトルだとどうしてもそれが無理で,バランスが偏ったりして重く感じていました.

さらに水を注ぐ時もペットボトルのように容器が空気を吸い込むことがないので,

サーっと注ぐことができます.ドバドバしません.

ウォーターキャリーを使用するメリットは大きいと感じました.

使用イメージ

ウォーターキャリーを持っていくとこんな感じで溶け込みます.

あまり触れていませんでしたが,柔らかい素材にもかかわらず,

しっかりと自立してくれるのはありがたいです.

今回の記事とは全然関係ないですが,手前のモンベルのクーラーバッグ…非常にオススメです!

めちゃくちゃコンパクトなんですが,収納力抜群で,

  • カップヌードル
  • 細い缶ジュース
  • コップ
  • スプーン
  • ドリップコーヒー
  • ゴミ袋

食事セット全部収納することができます✨

gonzo
gonzo

モンベルの隠れた名作の一つです!!

番外編: 乾かし方

さて,巷では「この手の乾かし方」が昔から話題にあがることが多いです.

中々乾きづらいですからね...

私流の乾かし方は「珪藻土スティック」を使います!!

アマゾンなどで格安で売っているのでオススメです✨

写真はまる2日経過したときのものなのですが,ほとんど乾いていることが分かると思います.

ぶっちゃけもっと乾きにくいかと思っていたのですが,結構早く乾きました.

乾かし方に悩んでいる方は是非試してみてください!!!

最後に

いかがでしょうか?

ウォーターキャリーは想像以上にメリットのある登山アイテムでした!

正直もっと早く購入しておけばよかったと思います(笑)

みなさんも購入して快適なアウトドアライフを✨

では♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA