【アウトドア】その包まれ感はまるでハンモック! LOGOS ワイドバケットチェアの紹介.【他チェアとも比較してみた】

gonzo
gonzo

みなさんこんにちは♪

今回は

ロゴス ワイドバケットチェア 73173125

の紹介です.

先日LOGOSのショップに行って, 試しに座ってみたらそのまま購入してました.

那須ガーデンアウトレットに行ってきたよ

りの
りの

店員さんにも話を伺ってみると,

「この形のチェアは非常に人気で, すぐに売れてしまいます!」

なんて言っていました.

gonzo
gonzo

いいと思ったらすぐに買ってしまう性格….

この前もコールマン サイドテーブル付きデッキチェアを紹介しました.

こちらもチェック!!

コールマンとの比較も含めて紹介していきますので,

早速行ってみましょう!

座ってその包み込まれ感に感動

まずは比較として,

LOGOS コンパクトバケットチェア 73173072


幅58×奥行58×高さ71cmを挙げます.

ワイドバケットチェアは,

幅68(+10)×奥行66(+8)×高さ83(+12)cm

ですので, 通常のサイズのチェアよりも一回り大きいサイズになります.

このサイズ感が非常に重要で, 座った時の沈み込みが深くなって, より一層リラックスして座ることができるようになっています.

gonzo
gonzo

これがハンモック感を生む理由ですね♪

オットマンがあったらもっと最高ね!

りの
りの

私はガッチリ体型なのですが, そんな私でも満足のいく包まれ感です.

次にコールマンのチェアと比較しつつ, スペックを見ていきましょう.

スペック紹介(コールマンと比較)

  • サイズ(使用時): 68×66×83(h)cm
  • サイズ(収納時): 38×12×14(h)cm
  • 重量:2.5kg
  • 耐荷重: 150kg
  • 材質:シート➡ポリエステル, フレーム➡スチール
  • 価格: 7,700円(税込)

写真と寸法を見て分かると思いますが,

半端なくコンパクトになります.

収納時のサイズは2Lのペットボトルと同じくらいですかね.

gonzo
gonzo

素晴らしいです♪

◆コールマンのチェアと並べてみた.

コールマンの椅子と比較するとこんなにも大きさが違います.

このコンパクトさが魅力的ね♪

りの
りの

こちらはどちらも組み立てた状態.

あんなにコンパクトだったロゴスの方が大きくなりました! 座り心地を比較すると,

コールマンは硬めなのに対して, ロゴスは包まれ感があります.

本当にハンモックに包まれているような感覚になりました.

座って座面が沈んで, サイドがしぼまり適度な包まれ感を与えてくれます.

このおかげで非常にリラックスして座ることができます.

gonzo
gonzo

普通に寝れます💤

組み立ても簡単♪所要時間は3分!

組み立ては非常に簡単で, 説明書を見なくても誰でも初見で組み立てることができます.

まずはケースからフレームとシートを取り出しましょう.

チャックを開けて中身を取り出します.

「いっぱいフレームあるじゃん!」と思うかもしれませんが安心してください. フレームにはショックコードが通されているので, それに従ってフレームを組み立てていくだけです. とっても簡単!

フレームを組み立てるとこんな感じ

あとは, “く”の字に曲がっているフレームを背もたれ部分になるようにシートをセットしていきます.

シートの4隅には, 写真の〇部分のようにフレームをひっかけるポケットがあります.

4隅のポケットにフレームを差し込んだら完成!

あとはリラックスして座って, キャンプやBBQを楽しんでください♪

特に力も必要ないので, 女性でも簡単に組み立てられますよ

りの
りの

まとめ

  • 価格 …★★★★☆
  • デザイン…★★★★☆
  • 機能性 …★★★★☆
  • 収納性 …★★★★★

いかがでしょうか?

LOGOSのチェアは非常にバランスがよいと思います. その収納性からどこでも持ち運べますし, 一度座れば包み込まれる心地よさに惚れてしまうことでしょう.

皆さんも自分に合うチェアを買って素敵なアウトドアライフを♪

では♪


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA