【スノーピーク】設営一瞬!? 登山にも,キャンプにも! ファルPro.Air3(SSD-703)

gonzo
gonzo

みなさんこんにちは

今回はスノーピークのテントの紹介です.

山岳用テント「スノーピーク Pro.air3」を購入したのでレビューしたいと思います.

Pro.airとは?

スノーピーク

Pro.air line

フィールドで耐えうる強度を維持しながら、軽さを追求した Pro.air ライン。

軽量でしなやかなシリコンポリエステルリップストップ生地は、設営がしやすく、収納もコンパクト。

カーキカラーが、四季折々の日本の景色に馴染みます。

————————————————————–

Pro.air ラインならではの軽さと居住性が魅力。

実用的なダブルウォールの山岳テント。

https://www.snowpeak.co.jp/styles/pro_air/

まとめると,

  • 強度と軽さを両立
  • アースカラーで渋かっこいい

こんな感じのテントですね.

以前から山岳テントを検討していて, 様々なメーカーのテントを調べたのですが, 大体のメーカーは

赤/オレンジ/青/緑/黄色

のテントしかラインナップしていないんですよね…

もちろん視認性を重視して, 安全につながるようにしていると思うのですが, どうも自分の趣味に合わず購入に踏み切れなかったんですよね💦

そんなときにスノーピークのPro.airシリーズを見つけてひとめぼれしました✨

gonzo
gonzo

落ち着いた色で素敵です(*’▽’)

Pro.air2でもよかったのですが, Pro.air3の状態の良い中古品が格安で売っていたのでそちらを選んだ次第です.

gonzo
gonzo

運命感じました(笑)

設営も撤収も5分で完了!

本当に5分で済むの??

…って思うじゃないですか?

実はこのテント, インナーテントはフライシートにトグルで吊り下げる形で接続する形になるので,

一回取り付けて置いてしまえば,その後はポールをフライシートのスリーブに通すだけで設営完了するので,

設営&撤収がめちゃくちゃ楽なんですよね♪

すなわち,シングルウォールの設営方法と同じです.

gonzo
gonzo

設営が楽なテントは,キャンプやテント泊のハードルを下げると思います

ダブルウォールの構造でシングルウォールの設営方法ですね✨

りの
りの

さっそく設営!

左から ポール, ペグ, テント本体

本当はこれ以外にグランドシートもあります.

グランドシートはスノーピーク純正のものを購入しましたが, 正直他メーカーと比較しても割高だと思います.

しかし, 個人的にグランドシートは必要だと考えるので, 少し頑張って純正のものを購入しました.

ちなみに重さは1.92kg. 3人用テントではまあまあでないでしょうか?

gonzo
gonzo

2kg切ってるので合格!(笑)

グランドシートをひいた様子

まずはグランドシートを敷きます.

そしたらテント本体を広げて, ポールをスリーブに挿入し組み立て完了です.(笑)

特に撮るところもなかったので,一気に設営完了写真です(笑)

あ,テント場ではちゃんと張り綱も張りますよ(*’▽’)

gonzo
gonzo

アースカラーが渋くて素敵です

インナーシートをすでにフライシートに接続してある状態であれば, ここまで5分で設営完了です.

めちゃくちゃスピーディーに設営できるので, 悪天候時の設営はすごくいいと思います.

ここで気になるのは張り綱の色です.

キャンプ経験者なら分かると思いますが, 色が地味な張り綱って本当に見えないんですよね.

一応蓄光らしいんですが, 夜間は気を付けたいものです.

それでは中に入ってみます.

見て分かるように結構広いです. さすがは3人用テントです.

幅150cm×長さ210cmあるので, アメニティードームSとほぼ同じなんですよ.

gonzo
gonzo

アメニティドームSは150cm×220cmです

一応3人用テントなのですが, 大人3人はかなり厳しいと思います. けっこうキツキツです.

山岳テントあるあるですが, やっぱり「表記人数-1」が快適に過ごせる人数ですね.

ちなみに後ろにも入口があります.

道具の搬入を目的としたものなので,そこまで大きなものではないですが,人の出入りができなくはないです.

インナーの天井にはベンチレーションも付いています.

さらにループも各所に配置されているでここにロフトやロープを配置できます.

他メーカーなんかはここのロフトオプションを出しているのですが,スノーピークは出してないんですよね...

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1122331 モンベルはこんな感じ

他メーカーのものが流用できると思いますが,今後検討ですね.

前室の広さは普通くらいでしょうか?

写真のマット幅は52cmくらいなので,靴置いて簡単な調理くらいはできると思います.

後室もありますので前室で足りなければそちらも利用するのもアリですね!

私が購入の最大の決め手にしたのは,ライトアップ時のかっこよさです!

室内でライトをつけると「F A L pro.air3」の文字が浮かび上がるのがめちゃくちゃかっこいい!

モンベルのランタンシェードを使ってみましたが,明るさは微妙ですね(笑)

もっと明るいものにすれば室内も明るくなって,外から見た時もきれいに見えると思いますので今後改善ですね💦

他のアースカラーテント

◆ダンロップ VS-22


http://blog.kojitusanso.jp/yokohama/2021/05/new-colordunlop-bf1d.html

ダンロップのVSシリーズはオレンジ/青のカラーリングから変更されました

◆NEMO アトム 1P


ニーモのテントってすどれもごくかっこいいですよね.

私もこれ欲しかった・・・!

◆MSR ハバハバNX


予算に余裕があれば一番欲しかったテントです.

このダークグリーンと赤いインナーテントの組み合わせはあまり見ない組み合わせで非常にかっこいいです( `ー´)ノ

まとめ

スノーピークのPro.air3(旧名: ファル3)を紹介しました.

  • アースカラーで渋かっこいい
  • 設営&撤収が非常に楽ちんで早くできる
  • 他の人と被りたくない人にオススメ
  • アメニティードームSとほぼ同じ室内長なので,キャンプでも快適に過ごすことができる

山岳テントの中ではあまり人気のある方ではありませんが,かっこよさはトップクラスです.

スノーピークは高品質なので,実力も間違いないでしょう.

テント選びの際に参考にしてみてください♪

ではm(__)m

↓合わせて読みたい記事☆゜:。*。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA